• JAPANESE
  • ENGLISH
  • HOME
  • NEWS
  • BAND
  • DISCOGRAPHY
  • TOUR DATES
  • PHOTOS
  • MERCHANDISE
  • ORDER INFO.

"Decisive" Lyrics / Translation / Self Liner Notes

The Hammer
Lyrics Fubito Endo / Music Yasuharu Tanaka

Acting
Corrupting
A fatal dishonesty
Hard to see through
Wanting
Demanding
Surrounded by vanity
Are we our own worst enemy?

Pending
Unending
A global insanity
Tried to believe in voodoo
Rending
Offending
A violent extremity
Are we out of mind?
Guilt everywhere

Dark side of our heart
Doomed right from the start
What else is left to do?

Bonding
Responding
A lack of conformity
Hard to believe in truth
Bending
Contending
A flame of malignity
Are we our only enemy?

Breaking
Breathtaking
A social obscenity
Hard to see through
Fading
Descending
Religious sublimity
We are out of mind
Crime everywhere

All that we deserve
All this time we knew
What do we do now?

What's done can't be undone
Far beyond recall
Everyone dies unsung
The world explodes
The sky will fall
To dust you will decay
Mistakes we made
Everything fades away

Behold
The hammer of God coming down
All hope is gone
Behold
The hammer of God comes crashing down
Hammer

"Praise the lord"
"Repent and donate"
You gotta buyout final resting place
Hey, nothing can save us
It's overdue
Hey, he'll take away
All from you

Behold
The hammer of God coming down
All hope is gone
Behold
The hammer of God comes crashing down
Hammer

Behold
The hammer of God coming down
Hammer
Behold
The hammer of God
The hammer will come crashing down
Hammer coming down

ザ・ハマー
作詞 遠藤フビト / 作曲 田中康治

作用
腐敗
致命的不誠実
見通す事は難しい
欲する
要求する
虚栄心に取り囲まれた
自分こそが最悪の敵なのか

未解決
繰り返される
世界中に蔓延した狂気
まじないにすがる人々
引き裂く
不快感を与え
暴力的なまでの極端性
我々は気が違ったのか
この世は罪が溢れている

心の暗い側
定められた破滅
他に何ができる


報復
適合性の欠落
真実を信じる事は難しい
捻じ曲げる
対立
燃えさかる憎悪
自分の敵は自分だけなのか

破る
息詰まる
社会的猥雑性
見通す事は難しい
消えていく
下降する
宗教的荘厳性
我々は気が狂れたのだ
この世は犯罪で溢れている

当然の報い
ずっと知っていた
さぁ どうする

今更なかった事にはできない
取り返しはつかない
誰にも語られず皆死んでいく
世界が爆発する
空が割れる
全てが塵となり朽ちていく
我々が犯した過ち
全てが消えていく

見よ
神の鎚が落ちてくる
全ての希望は失われた
見よ
神の鎚が全てを叩き潰す
怒りの鎚が

"神を称えなさい"
"悔い改めお布施をしなさい"
安息の地とやらを買い占めるがいい
おい 誰も助けてはくれないぜ
もう期限切れだ
おい ヤツは取り上げるぜ
お前から全てを

見よ
神の鎚が落ちてくる
全ての希望は失われた
見よ
神の鎚が全てを叩き潰す
怒りの鎚が

見よ
神の鎚が落ちてくる
怒りの鎚が
見よ
神の鎚が
神の鎚が全てを叩き潰す
怒りの鎚が落ちてくる

At The Front
Lyrics Fubito Endo / Music Akihito Kinoshita

Silent dawn
Lurking horror
Turning heart into stone
Feelings gone
Standing by
Darkest hour
Here we are all alone

Mercenary
Signed up
Free will
Get paid to kill
No one could restore
Second to none
Never succumb
Number of deaths I will score

We are the warriors
Came back from real hell
We have a deal
Bringing you hope
For sale

Been sadly misplaced
Untrained fighter
No intention to fight
With shaking hands
Prepare to fire
No promotion, no prize

Going down
Getting shot
Sound of a gun
All we wanted
The smile of loved ones

We are the warriors
Helpless and weakest
End up being shields
Totally defeatist

Someday, we'll be free
In our dream or in the battlefield
We'll receive forever peace

Step by step, inch by inch
We're moving slowly
The calm before the storm called war
Must have known
Nothing happens by luck

Get down
Searching for target
Weight of life
So light
You'll forget

We are the warriors
Promises and choices
Reflecting the past
You'll hear our voices

New day reaches dawn of despair
We're all falling down
No one lives forever
Lost and unfound tales of life
Last thing you will ever hear
Our battle cry
Price of life
Our battle cry

アット・ザ・フロント
作詞 遠藤フビト / 作曲 木下昭仁

静寂なる夜明け
棲む恐怖
心を石に変える
感情は失われる
息を潜める
漆黒の闇
他には誰もいない

傭兵
自らの意志で戦火に身を投じた
報酬と引換えに敵を殺める
その壊れきった心を癒せるものはない
天下無双
決して屈しない
輝かしい戦績をあげ死体の山を積み上げる

我々は戦士
本当の地獄から帰還した
約束通り
希望を届けに来た
ただしこれは売り物

居合わせるべきではなかった
不幸な男
訓練を受けた経験も闘う意思もない
震える手で砲撃に備える
昇進も褒章も無縁の男

命運は尽きた
撃たれ倒れる
轟く銃声
ただ一つ守りたかった
愛するものの笑顔

我々は戦士
無能にして最弱
ただ盾となり果てるのみ
闘わずして負けた敗北主義者

いつか自由になれる日が来る
夢の中か
この戦場なのか
終わりなき平和を手にする日が来るだろう

一歩ずつ
ゆっくりと近づいてゆく
嵐が巻き起こるその前の静けさ
はじめから理解していた
全ては必然

身を伏せろ
獲物を狙っている
命の重さ
あまりに軽い
この戦闘もいずれ忘れ去られる

我々は戦士
それぞれに誓いを立て選択した
現在とは過去の映し鏡
この声が聴こえるだろう

夜が明け新たなる絶望が生まれる
我々は墜ちてゆく
永遠に生きるものなどいない
このささやかな物語も消え
人の口にのぼる事もない
最後に戦場に響く
我々の鬨の声
命の対価
我々の鬨の声

Avenger
Lyrics Fubito Endo / Music Yasuharu Tanaka

Destroyed, burned, raped, robbed, murdered
Brutalized, everyone seems dead
Betrayed, crossed, framed, trapped, captured
They're supposed to save instead

One boy survived
Nothing but fear in his eyes
Trained and taught the way to harm
Now stands with a firearm in his hand

Grown into man
Nothing to fear in his land
The genocide
The revel gave him light
Only justice he could find

Brave - Out of cave
Jade - For children's sake

Life of avenge
Now he's willing to exchange all
No matter where you run
He'll come after you
One step in his range
You'll be hunted down and caged
One shot in your head
Now you're dead

Circle of hatred under pale moonlight
Growing, surrounding the world
Eternal dissension
Pile of misunderstanding
Releasing the bloodhound tonight
Dark stain of tragedy
The trail of tears he shed

Riot
Chaos
Pay back

Games - People play
Fate - Come what may

Life of avenge
Now he's willing to exchange all
No matter where you run
He'll come after you
One step in his range
You'll be hunted down and caged
One shot in your head
Now you're dead

Circle of hatred under pale moonlight
Growing, surrounding the world
Eternal dissension
Pile of misunderstanding
Releasing the bloodhound tonight
Dark stain of tragedy
The trail of tears he shed

アヴェンジャー
作詞 遠藤フビト / 作曲 田中康治

破壊され 焼き尽くされ 犯され 強奪され 殺され
蛮行の果てに村は死んだ
騙され 裏切られ 罠に嵌められ 捕らえられた
助けが来たはずだったのに

少年が生き残った
彼の眼が映すのは恐怖だけ
人を傷つける術を叩き込まれ
やがて銃を取り戦士となった

少年は男になった
もはや恐れるものはなかった
虐殺
反政府軍だけが光を与えた
信じるべき正義を

勇敢なる精神 - 洞窟を出でて
疲弊しきった心 - 未来を継ぐ子供達の為に

復讐こそ命
全てをなげうつ覚悟
どこへ逃げたとしても追いかけてくる
彼の領域へ一歩足を踏み入れた刹那
追い詰められ
捕らえられ
頭に打ち込まれた一発の弾丸が命を奪う

淡い月明かりの下
憎しみの連鎖が世界を覆い尽くす
絶える事のない不和
山と積まれた不理解がまた
今夜血に飢えた猟犬を放つ
悲劇はドス黒い染みのように広がっていく
あとに残るのは
彼の流した涙で濡れた路

暴動
混沌
報復

人々が興ずる - 無意味なゲーム
運命 - たとえ何が起ころうと

復讐こそ命
全てをなげうつ覚悟
どこへ逃げたとしても追いかけてくる
彼の領域へ一歩足を踏み入れた刹那
追い詰められ
捕らえられ
頭に打ち込まれた一発の弾丸が命を奪う

淡い月明かりの下
憎しみの連鎖が世界を覆い尽くす
絶える事のない不和
山と積まれた不理解がまた
今夜血に飢えた猟犬を放つ
悲劇はドス黒い染みのように広がっていく
あとに残るのは
彼の流した涙で濡れた路

Virtual Unreality
Lyrics Fubito Endo / Music Yasuharu Tanaka

"Will I ever live to see another daylight?"
"Trapped inside this prison for good, how can I be revived?"
"How can I live?"
"How can I die?"
"How can I survive?"
... what kind of question is that?

"Will I ever have a chance to see my lover"
"Waiting in line, how can I, when can I be clever?"
"I wanna I live"
"I wanna I die"
"I wanna I survive"
... damn, I don't give a shit

Facing your worst nightmare
Losing everything you care

It's your deviation, isolation, dehumanization
Captivated, activated, no one ever said it
Reprobation, nullification, contraindication
You're dead, or may be just keep breathing
Boy

Chasing, you're chasing your own tail
No way, don't tell me it makes you feel safe
There you go again
You're spinning with the flame
Looks like you're dancing in the rain
Round and round again

Facing your worst nightmare
You're so unaware
I'm bored, man
How long will you keep it this way?
I know you know for sure

We're waiting just for you, for you
Waiting, we're watching you

Right - Is it? Isn't it?
Wrong - What you want
Right - Is it? Isn't it?
Wrong - What you need
Right - Is it? Isn't it?
Wrong - What you want
So you know, you just don't belong
Time to go

Tell them that, you're not wrong - Wake up!
You tell them that, you will get what you want
Tell them that, you are strong - Wake up!
You tell them that, you will walk out that door
Now

Waiting for you, for you
Waiting, we're watching you
Wake up!

Tell them that, you're not wrong - Wake up!
You tell them that, you will get what you want
Tell them that, you are strong - Wake up!
You tell them that, you will walk out and never come back
There is no turning back
You are the king of your own
Let them all see, what you can be
Let them all see, after you walk out that door
Now

ヴァーチャル・アンリアリティ
作詞 遠藤フビト / 作曲 田中康治

「私は明日の朝陽が昇るまで生きていられるのでしょうか?」
「この牢獄に永遠に囚われた私は生き返れるのでしょうか?」
「どうやったら生きられるのでしょうか?」
「どうやったら死ねるのでしょうか?」
「どうやったら助かるのでしょうか?」

・・・一体その質問はなんだ

「私を愛してくれる人がいつか現れるのでしょうか?」
「ずっと並んで待っているのですが、いつになれば、どうすれば賢くなれますか?」
「生きていたいのです」
「死にたいのです」
「助かりたいのです」

・・・悪いが俺の知った事じゃないな

お前は最悪の状況に直面している
自分が大切だと思っている全てを失いかけている

逸脱 隔離 人間性の抹殺
虜となり 陶酔状態 その事実は誰からも教えられない
激しい叱責 一切の無効化 禁忌
お前は死んだも同然
それともただ呼吸しているだけなのか
坊や

お前は自分の尻尾を追いかけているだけだ
おいおい そうやっていると安心するなんて言うなよ
ほらまた始まった
グルグル周って火花が散ってるぜ
まるで雨の中で踊り狂うみたいに
グルグルと

お前は最悪の状況に直面している
それにまるで気づいていない
いい加減飽きたぜ
いつまでこのまま続けるんだ
俺はお前が知っていると知っているぜ

お前を待っている
お前を見ている

正解 - その通りなのか?
不正解 - お前が求めるもの
正しい - その通りではないのか?
正しくない - お前に必要なもの
正解 - その通りなのか?
不正解 - お前が求めるもの
判っているじゃないか
お前はここにいるべきではない
出発の時間だ

お前は間違ってないと言ってやれ - 目を覚ませ
欲しい物は自分で手に入れるとお前が自分で言ってやれ
お前は強いと言ってやれ - 目を覚ませ
あのドアを開けてここから出て行くとお前が自分で言ってやれ
今すぐに

お前を待っている
お前を見ている
目を覚ませ

お前は間違ってないと言ってやれ - 目を覚ませ
欲しい物は自分で手に入れるとお前が自分で言ってやれ
お前は強いと言ってやれ - 目を覚ませ
お前はここを出てもう二度と戻らないと言ってやれ
後戻りは出来ない
お前自身がお前の王なのだ
お前にどれだけの事ができるのか見せてやれ
あのドアを開けて見せてやれ
今すぐに

Bionic
Lyrics Fubito Endo / Music Yasuharu Tanaka & Akihito Kinoshita

They're ripping my flesh off
Crushing my bones
Disinfected fuels in my vein
Tearing apart
Deleting emotions from my brain

Synthetic compound
Rebuilding face and editing
All gone and wasted
Replacing organs with steel

I'm electric
Plug me in
It's no use regretting
Trapped in a cell
Who'd I be?

Someone else but me
Like a nightmare never ending
What's it gonna be?
Keep me free from my sin

Checking a circuit
Ready to load
Operation complete
Recovery
Booting new system
Rewriting all my memories

I'm electric
Plug me in
It's no use regretting
Trapped in a cell
Who'd I be?

Someone else but me
Like a nightmare never ending
Where in the world could I buy my past?

Seeing skies with my scope, not my eyes
Hearing voices of a distant star
Losing all control
Who's in my mind?
So help me God, tell me

For what? - Is this a dream? Where do I go?
For what? - The power in me, doesn't belong
For what? - I'm a machine
I have a metal in me
Set me free

For what? - How do I love? I feel no pain
For what? - How do I live? I will remain
For what? - Not a machine
Get rid of the metal in me
I need a cure, my remedy

Where's God? - I have no choice, the end is closing in
Where's God? - If I can not die, who will pay for my sins?
Where's God?
Where's God? - The time is here, I lost my tears

For what? - Is this a dream? Where do I go?
For what? - The power in me, doesn't belong
For what? - I'm a machine
I have a metal in me
Set me free

For what? - How do I love? I feel no pain
For what? - How do I live? I will remain
For what? - Not a machine
Get rid of the metal in me
I need a cure, I know

Now I know, it's just a matter of soul
Now I know, even my body's cold
Now I know, it's deep down in my core
On my own, I will carry on

I am me, won't let nobody deny
It's the only thing I have inside
Till the final moment my motor dies
I am a man, I'm a machine

バイオニック
作詞 遠藤フビト / 作曲 田中康治・木下昭仁

体中の肉と皮膚が剥がされ
骨が砕かれていく
消毒された燃料が血管に注入される
体はバラバラに引き裂かれ
感情が消去される

合成化合物
造り直された顔に修正が加えられる
内臓は全て廃棄され
金属製の機関に換装されていく

俺は電気仕掛け
プラグを入れてくれ
後悔しても遅い
牢獄の如き記憶素子に囚われた
一体俺は誰なのか

俺でない誰か
永劫に続く悪夢
一体俺はどうなるのか
間違った事は何もしていないのに

回路チェック
読み込み可能
手術完了
復旧
新しいシステムを起動
全てのメモリーを上書きする

俺は電気仕掛け
プラグを入れてくれ
後悔しても遅い
牢獄の如き記憶素子に囚われた
一体俺は誰なのか

俺でない誰か
永劫に続く悪夢
どこへ行けば過去を買い戻せるのか

目に代わって内蔵されたスコープで空を見る
遠く離れた惑星の声さえも聞き取る聴覚
体の自由を失い
心さえも支配されていく
神よ教えてくれ

何の為に - これは夢なのか 俺はどうなるのか
何の為に - 自分のものではない力が体にみなぎっている
何の為に - 俺はマシン
金属で作られた体
自由にしてくれ

何の為に - 痛みを感じない体でどう愛すればいい
何の為に - 死ねない体でどう命を慈しめばいい
何の為に - 俺はマシンなんかじゃない
機械を取り出してくれ
俺を元に戻してくれ

神はどこにいる - 選択の余地はない 結末が近づいている
神はどこにいる - 不死の体を得た俺の代わりに誰がこの罪を背負うのか
神はどこにいる
神はどこにいる - 時間切れだ もう俺には流す涙もない

何の為に - これは夢なのか 俺はどうなるのか
何の為に - 自分のものではない力が体にみなぎっている
何の為に - 俺はマシン
金属で作られた体
自由にしてくれ

何の為に - 痛みを感じない体でどう愛すればいい
何の為に - 死ねない体でどう命を慈しめばいい
何の為に - 俺はマシンなんかじゃない
機械を取り出してくれ
俺を元に戻してくれ

今は判る - 魂の有無こそが全てを分かつ
今は判る - 例えこの体は冷たかろうと
今は判る - 体の奥底 細胞に刻まれたものがなんであるか
俺は知っている
俺は生き続ける

俺は俺 それだけは誰にも否定させない
ただ一つ俺の中にあるもの
モーターが回転を止める最後の瞬間まで
俺は人間
俺はマシン

Defying Gravity
Lyrics Fubito Endo / Music Akihito Kinoshita

Never knew
I am breathing
Who woke me up?
Ship of fools
Overloading
Sending my body to use burning rage

No denying
Built for the kill
Must engage
No pretending
Why am I counting my clips again?

Bound by rules
No escaping
Fear of the dark
Way too cruel
Nerve grating
Injecting the thrill to my vein

Turning pages
So familiar
I've seen it before
Die in vain
That's for sure
It's only a matter of time

Lies behind more lies
Leading the blind
There's no reason why
And each night
I pray for my crimes
Erasing my mind
Breaking my spine
But I still...

Kill and pray - Repeating
Kill and pray - Counting bodies
Kill and pray - Deceiving
Kill and pray - I will kill myself
Over and over again

Eyes, looking inside
I'm buried alive
Changing my life
Leaving a scar

Tonight, too many have died
They twisted my pride
What's wrong and what's right?
And each night
I pray for my crimes
Erasing my mind
Breaking my spine
But I still...

Kill and pray - Repeating
Kill and pray - Counting bodies
Kill and pray - Deceiving
Kill and pray - Wasting bullets

Kill and pray - Repeating
Kill and pray - Counting our bodies
Kill and pray - Deceiving
Kill and pray - I'm the one to blame

ディファイング・グラヴィティ
作詞 遠藤フビト / 作曲 木下昭仁

はじめて気づく
自分が息をしている事に
誰が俺を起こしたのか
すし詰めの船
運ばれてきた愚者達
燃えたぎる怒りを打ち振るう

抗う事は許されない
殺す為に作られた機械
即座に戦火に身を投じ
己を闘いに同化させる
何故俺はまた弾倉を数えているのか

絶対の掟に縛られ
逃げる事はできない
暗闇の恐怖が支配する
あまりに残酷な現実
神経を削り取っていく
スリルを静脈に射ちこむ

ページをめくるように同じ事を繰り返す
見覚えのある光景
確かな事は
最後に犬死するって事だけ
あとは時間の問題

嘘で塗り固めた嘘
導かれた盲者
理由など始めからない
夜毎
己の犯した罪に慄き祈り
心を消し去り
体の芯を砕いていく
そしてまた・・・

敵を屠り祈る - 繰り返す
人を殺め許しを乞う - 死体を数える
命を手にかけ祈る - 己を欺く
人を殺め許しを乞う - また自分を殺す
何度も何度も

内側を覗き見る瞳
生きながら埋められていく
人生を変え
傷を残していく

今夜また多くの命が犠牲になった
誇りなどもう残ってはいない
一体何が正しくて何が正しくないのか
夜毎
己の犯した罪に慄き祈り
心を消し去り
体の芯を砕いていく
そしてまた・・・

敵を屠り祈る - 繰り返す
人を殺め許しを乞う - 死体を数える
命を手にかけ祈る - 己を欺く
人を殺め許しを乞う - 弾薬を浪費して

敵を屠り祈る - 繰り返す
人を殺め許しを乞う - 自分達の死体を数える
命を手にかけ祈る - 己を欺く
人を殺め許しを乞う - 全ての罪は我に

Painted Red
Lyrics Fubito Endo / Music Akihito Kinoshita

Welcome to life
I'm at your service
Edge of a knife
You face your death at surface
On the broken earth
I give you reasons
So get prepared for your final season

Tears are falling
Falling from the gray sky
Silence stills the air

Look at what we've done
The sea is boiling
Look at what we've done
The searing heat waves are raging
We close the door
And watching TV
They beg for more and more and more and

Tears are falling
Falling from the gray sky
Evil spreading
Crawling
Crawling in the fake life
Never ending sigh

Riding through a living hell
We fight
Hiding like a sheep
Fail to survive

Painted red
The holocaust
When will we know how much does it cost?

Sun will rise
Pierce the night
Starts to shine on the day we die

Falling
Falling from the gray sky
Evil spreading
Crawling
Crawling in the fake life
Never ending sigh

Riding through a living hell
We fight
Hiding like a sheep
Fail to survive

Painted red
The holocaust
When will we know how much does it cost?

Fading out
We've lost our stars
When will we know what's left of our heart

ペインテッド・レッド
作詞 遠藤フビト / 作曲 木下昭仁

ようこそあなたの人生へ
私はあなたの僕(しもべ)何なりとお申しつけ下さい
まさに今我々は瀬戸際にいるのです
あなたは自らの死に直面するでしょう
ボロボロになった地球の上で
その理由を教えて差し上げますから
最後の季節への準備を始めて下さい

涙が降り注ぐ
厚い雲に覆われた灰色の空から
静寂が空気さえも鎮めていく

さぁ ご覧下さい
我々が一体何をしてきたのか
海が沸騰し
激烈な熱波が猛り狂うその様を
我々はドアを閉め
内側でテレビを眺めるだけ
画面の中から求め続ける
もっと!もっと!もっと!

涙が降り注ぐ
厚い雲に覆われた灰色の空から
邪悪が蔓延り広がっていく
這いずり回る
虚飾で塗り固めた人生を
溜息をつきながら

生き地獄のようなこの世界で
我々は争い続ける
羊のように怯え隠れても
生き延びる事はできない

真っ赤に塗りたくられた世界
自ら招いた大虐殺
一体いつになれば
どれほどの代償を負ったのか気づくというのでしょう

太陽は昇り
闇を貫いて光を放つ
全てが死に絶えたその日に
誰もいない大地を照らし出す

降り注ぐ
厚い雲に覆われた灰色の空から
邪悪が蔓延り広がっていく
這いずり回る
虚飾で塗り固めた人生を
溜息をつきながら

生き地獄のようなこの世界で
我々は争い続ける
羊のように怯え隠れても
生き延びる事はできない

真っ赤に塗りたくられた世界
自ら招いた大虐殺
一体いつになれば
どれほどの代償を負ったのか気づくというのでしょう

暗闇に飲み込まれていく
我々は星空までも失ってしまった
一体いつになれば
我々が遺してしまったものに気づくというのでしょう

Cross Your Heart
Lyrics Fubito Endo / Music Yasuharu Tanaka

We don't believe you at all
Now the world's gone wrong
Demoralized conflict and strife
You shattered our lives
We don't want no excuse
Don't you dare disprove
We are ghosts, back from the grave
It is time to change
You'll be our slave

The more forest you burn, the more gold you earn
How much blood?
How many lives is enough to keep you alive?
Don't pretend you didn't know
Serious consequence
Compensate for what you stole
Then we'll haunt your soul

Sick of your lies and that grin
Last thing that god forgive
You shall redeem

Pay for the mess you made
Don't you defend yourself
Crossed the line
Confess what you are
Pay for the mess you made
Don't justify your shame
Cross your heart
Confess who you really are

I feel you die
You will relive your lies
Beg in tears
Our voices reveal
Why do you deceive?
How could you be so unwise?
Your soul is mine
Give me one reason to keep you alive

Nevermore
Don't make them cut down all trees
For cloth that you wipe fake tears
Ten thousand seafowls we lose
In ten thousand barrels of crude
What's wrong with you?

Pay for the mess you made
Don't you defend yourself
Crossed the line
Confess what you are
Pay for the mess you made
Don't justify your shame
Cross your heart
Confess who you really are

クロス・ユア・ハート
作詞 遠藤フビト / 作曲 田中康治

もうお前達の言葉など信用できない
世界は壊れてしまった
善悪の見境をなくしたもの達が争いあう
お前達は多くの命を踏みにじった
言い訳など認めない
反証など許さない
我々は死より蘇りし精霊
今こそ変革の時
今度はお前達が我が奴隷となるのだ

お前達は森を燃やす度に富を手にしてきた
生きながらえる為に一体どれだけの血を流し
どれだけの命を引換えにしてきたのか
知らなかったとは言わせない
この深刻な事態は当然の成り行き
奪ったものを返せ
それから憑り殺してやる

その嘘とニヤけ笑いにはもうウンザリした
神さえ許すまい
自らの死をもって贖うのだ

自分が引き起こしたこの惨状の責任を取れ
自己弁護などするな
お前達は一線を越えた
本性を現せ
自分が引き起こしたこの惨状の責任を取れ
正当化するな
恥を知れ
どれだけ醜い生き物なのか
十字を切って神に白状しろ

お前達の生命は尽きてゆく
自らの欺瞞を思い知れ
涙を流して命乞いするがいい
全てを暴いてやる
なぜ騙す
なぜそこまで愚かなのか
お前達の魂は我が掌の中
生かしておくべき正当な理由があるなら言ってみろ

もうやめろ
嘘泣きの涙を拭う布キレの為に木を切り倒すな
垂れ流された1万バレルの原油にまみれて
1万羽の水鳥が死んでゆく
いったい何がお前達をそんな風にした

自分が引き起こしたこの惨状の責任を取れ
自己弁護などするな
お前達は一線を越えた
本性を現せ
自分が引き起こしたこの惨状の責任を取れ
正当化するな
恥を知れ
どれだけ醜い生き物なのか
十字を切って神に白状しろ

Reminiscence
Lyrics Fubito Endo / Music Akihito Kinoshita

Long time ago
Still, I recall your face and your eyes
I roam
I've waited much too long
Rain turns to snow
Out in the cold
Farewell, farewell
Without you, I'm so hollow
Freezing in the dark
So close, so far, hollow

You're too far gone
I walk alone
This road may collapse
I'm lost
Silent star may collide
Sun may decide never to arise
Farewell, farewell for now
From here I'll start

You're breathing on my beat
You're drifting through my dreams
I'm tracing the sign you left
Shattered memory
Planted our seeds
Flowers may bloom forever
Unbind me, let me be me

I still feel you - Heart and soul never lose each other
I still hear you - Only when I feel you, I live my life

You heal my world - I feel your life
You heal my world - I feel your life

You see me fighting on the edge
You see me hanging off the bridge
Then you see me walking towards your soul
Scars overall
You see me bleeding on the ground
I'll look around
Climb up and find you
No matter how far you are

I still feel you - Heart and soul never lose each other
I still hear you - You keep me free from misery
I still feel you - Lighten my night, then you offered your life
I still reach you - Only when I feel you, I live my life

You heal my world - I feel your life
You heal my world - I feel your life

リミニシンス
作詞 遠藤フビト / 作曲 木下昭仁

遠い昔の事
しかし私は今もあなたの顔と眼差しを覚えている
独り彷徨いながら
あまりに長い時間待ち続けていた
いつか雨が雪となり
たった独りで
そろそろお別れの時間だ
あなたがいなければ私の心は空洞
暗闇に凍え
とても近く とても遠い
私の心には何もない

あなたは遠いところへ行ってしまった
いつ崩れるとも知れぬ路を独り歩く
ここがどこかも判らない
やがて星達が静かに衝突しはじめる
もう太陽が昇る事もない
いざさらば
私も新たなる旅へと出よう

私の鼓動にあわせあなたが呼吸する
私の夢の中をあなたが流れる
あなたが残した痕跡と記憶の欠片を辿る
二人植えた華は永遠に咲き続け
私を解き放ち
私に生を与える

今でもあなたを感じる - お互いの魂を見失う事は決してない
今でもあなたの声が聴こえる - あなたの存在を感じられる時だけ
私は生きていられる

あなたが私を癒す - あなたの存在を感じる
あなたが私を生かす - 確かにあなたを感じる

深遠の淵に立ち尚も戦い続ける私の姿が見えるだろう
今にも落ちそうに橋にぶら下がる私の姿が見えるだろう
傷だらけの体で
それでもあなたの心に向かって歩き続ける私の姿が見えるだろう
血まみれで地に伏す私の姿が見えるだろう
私はまた周囲を見渡し登り始めあなたを探し出す
たとえどんなに遠く離れていようとも

今でもあなたを感じる - お互いの魂を見失う事は決してない
今でもあなたの声が聴こえる - あなたが私を救ってくれる
今でもあなたを感じる - 私の夜を照らし命さえ投げ出してくれた
今でもあなたに手が届く - あなたの存在を感じられる時だけ
私は生きていられる

あなたが私を癒す - あなたの存在を感じる
あなたが私を生かす - 確かにあなたを感じる

Angel of Wrath
Lyrics Fubito Endo / Music Akihito Kinoshita

Stone cold
Invasion
The evil
Discord
The end of the people
Covering the action
Beneath us, there lies the shadow

Hellbound
Defender has gone missing
Death rounds
Horizon is weeping
Running out of mercy
But never want to lose my heart and soul
I sold my body to save you all

Next door
Inventing the evil
Minds lost
All I hear is echo
In the middle of nowhere
Watching the curtains coming down

Discharge
Revenge of the rebel
Death glow
The end of the people
Nothing left to lose
Hiding from humanity

No more! No more! You created
No more! No more! You betrayed us all
Self abusing creatures
No more! No more! You refuse it
No more! No more! You reduce it
Anger is rising again

Feel the wind beneath our wings
And fly far
Far up in the night
Unleash the power within
Devil's breed
Feel the wind beneath my wings
When lights go down
Then I'll ignite my soul
Unleash the fury

Take this pain, all humans
Down! Down! Down! Down!
Burn in hell

No more! No more! You spoiled it
No more! No more! You destroyed it all
Self abusing creatures
No more! No more! You refuse it
No more! No more! You reduce it
Anger is rising again

Feel the wind beneath our wings
And fly far
Far up in the night
Unleash the power within
Devil's breed
Feel the wind beneath my wings
When lights go down
Then I'll ignite my soul
Unleash the fury

I feel the wind out in the distance
Fly now, warriors of the night
Unveil the shadows in my command
Fear the wings of demon seed
Fallen angels roar

Take this pain, all humans
Down! Down! Down! Down!
Now you taste this pain, all humans
Down! Down! Down! Down!
Burn in hell

エンジェル・オブ・ラス
作詞 遠藤フビト / 作曲 木下昭仁

冷酷
侵略
悪魔
不協和音
人類の時代は終焉を告げる
その動きは隠し通され
気づかぬうちに影は忍び寄っていた

全滅必至
守り神などとうにいない
死は巡り
地平線がすすり泣く
人間らしい感情を誰もが捨て去りかけた時
俺は決めた
最後まで魂は失わない
人類を救う為に人間の体を手放すと

しかし塀の向こうでは
人類こそが悪を創り出していた
理性は失われ
耳にこびりついた断末魔の叫びが離れない
俺は荒野に立ち
静かに降りる時代のカーテンを見つめていた

総攻撃
反乱
人類を根絶やしにする為に
もう失う物など何もない
心を捨てた哀れな生物達よ

これ以上は許さない - お前達が創り出したのだ
これ以上は許さない - お前達が裏切ったのだ
自らの命脈を絶てばいい
これ以上は許さない - お前達が拒絶したのだ
これ以上は許さない - お前達が滅ぼしたのだ
この怒りを思い知るがいい

広げた翼が風を掴む
夜に高く舞い上がる
今こそその力を解き放て
悪魔の力を受け継ぐ者達よ
広げた翼が風を掴む
夜の帳が降りる時
俺は魂に火を灯し
怒りを解き放つ

この痛みを味わうがいい
地獄へ落ちろ人間ども

これ以上は許さない - お前達が腐らせたのだ
これ以上は許さない - お前達が破壊したのだ
自らの命脈を絶てばいい
これ以上は許さない - お前達が拒絶したのだ
これ以上は許さない - お前達が滅ぼしたのだ
この怒りを思い知るがいい

広げた翼が風を掴む
夜に高く舞い上がる
今こそその力を解き放て
悪魔の力を受け継ぐ者達よ
広げた翼が風を掴む
夜の帳が降りる時
俺は魂に火を灯し
怒りを解き放つ

生み出された風は遥か遠くまで届く
夜の戦士達よ
今こそ影を抜け出し
俺の声に合わせ一斉に飛び立て
愚かな人間ども
悪魔の体を手に入れた天使の羽音に震え
その咆哮に怯えるがいい

この痛みを味わうがいい
地獄へ落ちろ人間ども

 

Decisive Self Liner Notes
このアルバム用には、選に漏れてお蔵入りになったものを含め全15曲分の歌詞を書いた。その全てに創作上の完全な自由を与えられた。
バンドから全幅の信頼を置かれた事に心から感謝しているし、期待に応える為に全身全霊言葉を綴った。

木下昭仁から与えられたアルバムのテーマは『人間の愚かさ』。曲毎のコンセプトも基本的に全て任せて貰った。
戦争、環境破壊を題材に、メッセージ性の強い内容を目指した。じっくりと味わっていただきたい。

音楽プロデューサー / 作詞家
遠藤フビト

 


The Hammer / ザ・ハマー


デモを聴いた瞬間、アルバムの核を担う重要曲の一つになるだろうと確信した。一番最後に書かれた曲で、言葉数が多かった為苦労した。
スケールの大きなサビの展開と雄々しいメロディから浮かんだイメージは、ローランド・エメリッヒが創るハリウッド・ディザスター・ムービーの如き一場面。『2012』だとか『デイ・アフター・トゥモロー』あたりを想像して貰えると近いだろう。

怒号渦巻く天変地異。大地が割れ、空を覆い尽くした雷雲の中から巨大な鎚が落ちてきて全てを叩き潰す。虫けらのように逃げ惑う人類。腐敗した世界を一掃する、抗いようのない絶対的な力。因果応報。カルマは巡る。後悔してからでは遅い。

本作品中にしばしば登場する「God」と言う単語は、特定の宗教が祀る特定の神ではなく、我々一人ひとりが胸の中に宿しているはずの「正義」だとご理解頂きたい。

At The Front / アット・ザ・フロント


邦題風に訳すならば『最前線にて』。この曲のみ、下山武徳から曲の舞台となる情景のイメージを受け取り、そこから膨らませた。

戦場に偶然居合わせた二人の男。一人は、金で雇われた傭兵。彼には命を賭すべきものも、失うものもない。故に死に対する恐怖がない。金さえ目的ではなく、それだけが彼のやれる事だから、ただ戦う。躊躇なくあらゆる命令に追従し作戦を遂行する、感情も意思も持たない完璧な戦士。一人は、徴兵され訓練も受けぬまま前線に放り込まれた不幸な男。ただただ恐怖に怯え、武勲をあげるどころか火器の扱いもままならない。逃げ出せば銃殺。家族の元に戻る事も叶わない。できる事といえば、生きた盾となって果てる瞬間を待つ事だけ。
戦場という巨大なシステムは、個の現実を飲み込んでしまう。
望むと望まざると、準備ができていてもいなくても、我々はこの世に生れ落ちた瞬間から否応無しに生存競争という名の戦闘に放り込まれ、命尽きるまで争う事を求められる。

学校、職場、あらゆる規模の「社会」と呼ばれる戦場において、そのシステムは我々を戦闘に駆り立てる。逃げる事は許されない。就職を避けて学問の路に進んでも、学閥の競争があり。社会からドロップアウトしてホームレスに身をやつしても、そこにさえ争いがある。

Avenger / アヴェンジャー


「Revenge」と「Avenge」は日本語にするとどちらも「復讐」だが。英語では、自分の恨みを晴らすのが「Revenge」、それに対してあだ討ちを意味するのが「Avenge」。この歌詞の主人公は、反政府ゲリラとして戦う少年兵。劇画や映画の世界の話ではなく、世界中の到るところで起きている現実。

以前観たドキュメント映画に、決して忘れられないシーンがあった。ミャンマー反政府ゲリラのキャンプ地。そこで育てられている身寄りのない子供。日本ならば幼稚園に通うくらいの年齢だろう。「大人になったら何になりたい?」という、欧州から来た映画撮影クルーの質問に「兵士になりたい」と答えた。理由を訊かれ、その子は輝きのない濁った瞳をカメラに向け、「家族全員を殺したミャンマー軍兵士を殺してやりたい」と答えた。わずか4〜5歳の幼児が、だ。

アイルランド然り、パレスチナ然り。戦乱があまりに長く続くと、「もともと何が原因だったか」は、もはや問題ではなくなる。戦争はやがて、親を、子を、妻を、夫を、兄弟を、友を殺されたその恨みを晴らす為の戦いに構造を遷移させてしまう。あだ討ちが一つ果たされれば、それがまた新たな怨念を生む。憎しみの連鎖は代を重ねる毎に大きくなり、終わる事のない殺戮が繰り返される。

不理解こそが諍いの元凶なのだとしたら。我々とて傍観者ではなく、無知という名の凶器を手に既に悲劇に加担している。

Virtual Unreality / ヴァーチャル・アンリアリティ


「ヴァーチャル・リアリティ(仮想現実)」とは、「実態を伴わずとも機能としての本質は同じであるような環境を、理工学的に作り出す技術およびその体系」を指す。
「ヴァーチャル・アンリアリティ(仮想非現実)」とは、その造語的反意語。ここでは「本質的に異なっていると理解しながら、逃げ込む為に作り出した虚構世界」というイメージ。

歌詞のモチーフとなったのは、いつか下山武徳がブログに書いていた「負けるとは、挑戦をやめる事」という言葉。

運が悪い。仕方がない。どうにもならない。自分のせいじゃない。いい訳と理屈で塗り固めた防壁に身を隠し、自分が作り出した心地よい空間の中に引きこもる。そのくせ心の内側には不平と不満が渦巻いている。そういう人間に対して、誰も閉じ込めてはいない、鍵なんかかかってない、文句があるなら自分で扉を開けて出てきてみろ、と挑発している。少しでも可能性があるならこっちにきて一緒に挑戦してみろ、それができないならいつまでもそこにいろ、と焚きつけている。

世に蔓延する「君はそのままでいいんだよ」みたいな生温い応援歌ではなく。乱暴かもしれないが、リスナーの魂を直接ブン殴って、揺さぶって、鼓舞する、そういうメッセージになればと思う。

Bionic / バイオニック


近年、かつて想像上の産物でしかなかったサイボーグ技術が、実際に医療の分野で取り入れられている。今日では、事故や病気で四肢を失った人の神経とコンピューターを直結し、頭で考えた通りに人口義手義足を動かす事さえ可能となった。

現在のところ、胸にペースメーカーを入れている人や、壊れた関節の代わりに金属の蝶番を埋め込んでいる人を指して「機械化人」とは呼ばない。

しかし、もし今後科学技術が劇的に進歩し、体の器官の大部分を機械に交換できるようになったら?一体、体の何割が機械になったら、人間は人間でなくなるのだろうか?果たして人間はどこまで人間でいられるのか。

もしも全ての骨格を強化プラスチックにしたら?もしも全ての臓器を機械と入れ替えて、血の代わりに別の液体が体を流れるようになったら?逆に、体は健康なまま亡くなった人の脳を人工知能に置き換えたら、それでもまだ人間と呼べるのだろうか?

かつてコンピューターは「考える」事はできても「感じる」事はできない、「感じる」事ができるのは生物だけ、そう言われていた。しかし今やコンピューターも「感知」するようになりつつある。

人と機械を分かつものは一体何なのだろうか?

Defying Gravity / ディファイング・グラヴィティ


満員電車は心が荒む。誰もがイライラして、他人が少し動いたり、何かがぶつかっただけで舌打ちする。現代の奴隷船。

本当は他にやりたかった事があるのではないだろうか。子供の頃から、大人になったらこれをやりなさい、と刷り込まれた事を、疑いを持つ事なく繰り返しているだけなんじゃないのか。そして、本当は自分もその事に気づいていて、そこから脱したい気持ちを持っているんじゃないのか。

『ディファイング・グラヴィティ』=重力に抗う。

この曲は、当たり前のように存在する事象に対して「なぜ?」という疑問を持つ姿勢を示している。世の中の人々が「仕方がない」事として受け入れているものに、本当にそれでいいのか?という疑問を投げかけている。

Painted Red / ペインテッド・レッド


地球は何千何万という偶然と奇跡の積み重ねの中で、生命を生み育んできた。あと少し大きくても、あと少し小さくても、あと少し太陽に近くても、あるいは遠くても、火星や金星のように死の星になってしまっていた。

繊細なバランスでもってあらゆる条件が揃い、46億年静かに生きてきた地球を、我々はたった20万年で破壊しようとしている。地球そのものを一つの生命体と考えるなら、ヒトこそ、寄生した瞬間にホストを死に至らしめる最悪の病原菌。

赤は熱と死の象徴。

氷が溶けて餌が獲れなくなった北極の白熊が餓死する映像を観て「可哀想」と涙を流しても、空調が効いた自分の部屋が吐き出した熱が今まさに氷を溶かしている事実を考えようとはしない。このまま行くと我々は何の罪もない他の全ての生物を巻き添えに、分厚い雲が空を覆い酸性雨が降り注ぐ、地球をそんな灼熱地獄に変えてしまう。

そうなる前に何かを変えなければ。

Cross Your Heart / クロス・ユア・ハート


環境破壊の犠牲となった動植物の魂が人間に復讐する、というホラー・ファンタジー。データを貰ってガイドメロを聴きながら、リアルタイムでサビのリフレインを思いついた。

モチーフとなったのは1枚の写真。一見、泥の塊のようにみえる物体。大量の重油に塗れ、全く身動きも取れないまま辛うじて生きている水鳥の写真。

人間は自らの生活を快適にする為に様々なものを創りだし、地球という星に住む他の家族を顧みる事なく破壊を繰り返している。略奪こそ人間の本質と開き直ってしまえば気は楽になるだろうが、行き着く先には破滅しかない。嘘泣きの涙を拭う布切れの為にジャングルが切り拓かれ、動物達は住処を失い、土砂崩れと洪水が繰り返される。

歯止めをかける最初の一歩は、自分の愚かさと犯した過ちを認める事。それ以外、なにがある。

Reminiscence / リミニシンス


ドイツでミックス・ダウンをしていた際、テレビやラップトップのスクリーンに映し出される東北の映像を見ながら、トミー・ニュートンは「なんという符合だ・・・」と何度も呟いていた。

荒れ狂う津波、燃え上がる炎。全てを奪われ呆然と立ち尽くす人。瓦礫の中を家族の姿を求めさ迷い歩く人。強大なる自然の律動の前に、なす術もなく翻弄される人々の姿・・・。

タイトルの意味は『追憶』。たとえ形は消失してもなお、胸の中に在る最後の希望。

震災による被害にあわれた全ての方々に心からの哀悼の意を表すと共に、例え小さくともこの曲が、明日を照らす灯りになればと願わずにいられない。

Angel Of Wrath / エンジェル・オブ・ラス


永井豪氏原作の傑作劇画『デビルマン』にインスパイアされて書いた歌詞。タイトルの意味は『怒りの天使』。

人類を救うために人間の体を捨て、蘇った先住民族=デーモン一族の体を乗っ取った主人公不動明(ふどうあきら)は、やがて人間の本性を思い知る。唯一の心の支えであった恋人とその家族を、デーモン一族ではなく、狂気に駆られた人間に殺された時、明は人類との決別を決意する。

『外道!
きさまらこそ悪魔だ!
おれは、からだは悪魔になった...
だが、人間の心をうしなわなかった!
きさまらは人間のからだを持ちながら、悪魔に!
悪魔になったんだぞ!
これが!
これが!
おれが身をすててまもろうとした人間の正体か!
地獄へおちろ人間ども!』
(講談社刊『デビルマン』より一部抜粋)

日本漫画史上最高のシーンの一つと語り継がれるこの場面が歌詞のモチーフ。

善悪とは決して相反するものではなく、善の中にも悪があり、悪の中にも善がある。対訳には、作中の台詞『地獄へおちろ人間ども!』をあえてそのまま引用した。
Page Top