• JAPANESE
  • ENGLISH
  • HOME
  • NEWS
  • BAND
  • DISCOGRAPHY
  • TOUR DATES
  • PHOTOS
  • MERCHANDISE
  • ORDER INFO.

"Messiah Complex"

Engrave
Music Yasuharu Tanaka

 

エングレイヴ
作曲 田中康治

 

Messiah Complex
Lyrics Fubito Endo / Music Yasuharu Tanaka

Feel the hook in my brain
Keep pulling the strings
So agonizing
Inconstant sun will shine again

Clenching my fist, I cut off the link
I resist, I reject, I prevail
I dispose of myself, and then overwrite my fate

Absolute - Unjust verdict
Time to disapprove - Cruel context of life

Numb, broken, those people I see
Obedient consuming machines
So paralyzed
If you say they're alive
I guess they're still living

Conscience is dead, no justice exists
I resist, I reject, I prevail
I'll go first, my friend
It seems this is my day, today

Absolute - Life exhibit
Time to execute - My protest

Kill me now
Just stab my heart and hang me on the cross
Take my sight away, I'll gaze at what I trust
Raise our flag upon my head, the damage is done
The world will know, forevermore

Soul lives on - Stand tight fighters, you'll live
Inherit this soul - Stand tight fighters, you'll live
Live your life, die hard, evermore

Everyone's hunting everyone
Why does everyone harm each other?
I'll activate my last grenade, my last words
Watch me off, the thirteen steps I take

Kill me now
Just stab my heart and hang me on the cross
Take my sight away, I'll gaze at what I trust
Raise our flag upon my head, the damage is done
The world will know, forevermore

Soul lives on - Stand tight fighters, you'll live
Inherit this soul - Stand tight fighters, you'll live
Live your life, die hard, evermore

Soul lives on - Stand tight fighters, you'll live
Inherit this soul - Stand tight fighters, you'll live
Live your life, die hard, evermore

Raise our flag upon my head
Raise our flag upon my head

メサイア・コンプレックス
作詞 遠藤フビト / 作曲 田中康治

まるで脳に鉤を掛けられているかのよう
引かれ続ける操り糸
耐え難い苦痛 
今日もまた無情の太陽が昇る

拳を握り 繋がりを断ち切る
私は抗い 拒絶し この志を伝える
己の定めは己が書き記す

絶対的 - 不当判決
今こそ異議を表明する - 残酷な筋書き

痛めつけられ麻痺した人々の姿
従順なる消費機構
もはや自分で考える事もない
これを生きていると呼ぶならば
確かにまだ死んではいないのだろう

しかし人の良識は死んだ 正義など存在しない
私は抗い 拒絶し この志を伝える
友よ 私は先に逝く
どうやらその日が来たようだ

究極的 - 生命の誇示
処刑執行の刻 - 我が命をもって抗議する

さあ 私を殺せ
この胸を貫き十字架にかけるがいい
視界を奪われてもこの眼は信ずべきものを見つめる
私の頭上に我らが旗を高く掲げろ 矢は放たれた
遂に世界は知るだろう この力は止められない

肉体は滅んでも魂は生き続ける - 闘士達よ 立て
我が精神を引き継ぎ - 闘士達よ 生き抜け
しがみついてでも生命を生き抜け

誰もが狩る側にまわろうとする
何故誰もが傷つけあうのか
この言葉が私の最後の抵抗
処刑台へ登る私の姿を忘れるな

さあ 私を殺せ
この胸を貫き十字架にかけるがいい
視界を奪われてもこの眼は信ずべきものを見つめる
私の頭上に我らが旗を高く掲げろ 矢は放たれた
遂に世界は知るだろう この力は止められない

肉体は滅んでも魂は生き続ける - 闘士達よ 立て
我が精神を引き継ぎ - 闘士達よ 生き抜け
しがみついてでも生命を生き抜け

肉体は滅んでも魂は生き続ける - 闘士達よ 立て
我が精神を引き継ぎ - 闘士達よ 生き抜け
しがみついてでも生命を生き抜け

この躯の上 我らが旗を高く掲げろ
この躯の上 我らが旗を高く掲げろ

Violent Ignorance
Lyrics Fubito Endo / Music Akihito Kinoshita

Was waiting for mercy
Was looking for love
Was hoping for understanding
All I have is my gun

I hate the air I breathe
This pain is never ending
Rage is all that I regain
I lost my faith when I lost my home
I'm just a bag of bones

Don't know how to sleep
I'm staring at a gun on my bed
Don't know how to sleep
I pulled the trigger and I'm red

I hate, I hate 'em all
This pain is never ending
Rage is all I regain
I lost my faith, I hate 'em all
This pain is never ending
Rage, all I have in me

Find me out, from abyss
From this cold hard space
Someone must die, no one will say why
Just too horrified, cast away
Won't recall, too late
Prayed that I'm wrong
This is my fault
But why does God hate me so much?

Signs - No tomorrow
Shadows fuse into candlelight
Times - We all borrow
Bringing all back to daylight

Incarnating, inside I'm breaking
New but stale role begins
Tear off the wings of a butterfly
Hearing the sound of new life running out

Find me out, from abyss
From this cold hard space
Someone must die, no one will say why
Just too horrified, cast away
Won't recall, too late
Prayed that I'm wrong
Knowing I have nothing at all

Signs - No tomorrow
Shadows fuse into candlelight
Times - We all borrow
Bringing all back to daylight
Lies - Forced to swallow
March of fools, abandoned sacrifice

Reincarnating, inside I'm breaking
How does this story end?
Inside I'm breaking

Embrace the end
Tear off the wings of liberty
Engrave the end
Hearing the sound of life running out

ヴァイオレント・イグノランス
作詞 遠藤フビト / 作曲 木下昭仁

慈悲の心を待っていた
愛を探していた
理解を期待していた
この手の中にあるのは銃だけ

自分が吸う空気さえ憎い
この痛みは決して消えない
取り戻したものは怒りのみ
還る場所を失い心の支えも消えた
俺には何もない

眠れない
ベッドの上で銃を見つめる
眠り方が分からない
引金を引くと全部真赤に染まった

全てを憎悪する
この痛みは決して消えない
取り戻したものは怒りのみ
何も信じられない 全てを憎む
この痛みは決して消えない
怒りだけがある

探し出してくれ 俺は底にいる
果てしない絶望の底に
誰かが犠牲になる 誰も理由を教えてくれない
打ち捨てられ恐怖に慄く
呼び起こすべき記憶ももはやない
間違いだと言ってくれ
自分の責任なのだろう
でも何故 神はこんなにも俺を憎むのか

啓示 - 明日はない
影が蝋燭の灯に融けてゆく
時 - 誰もが借りている
全てが陽光の元に還ってゆく

肉体を与えられる でも中の俺は壊れたまま
新しく でもまた同じ役割が始まる
蝶の羽根を引きちぎる
新しい命が尽きる音を聴きながら

探し出してくれ 俺は底にいる
果てしない絶望の底に
誰かが犠牲になる 誰も理由を教えてくれない
打ち捨てられ恐怖に慄く
呼び起こすべき記憶ももはやない
間違いだと言ってくれ
俺にはもう何もないと知っている

啓示 - 明日はない
影が蝋燭の灯に融けてゆく
時 - 誰もが借りている
全てが陽光の元に還ってゆく
嘘 - 飲み込む事を強要された
愚者の行進 見放された犠牲者達

輪廻転生 でも中の俺は壊れたまま
この物語はどう幕を閉じるのか?
内側で俺は壊れたまま

終焉を愛おしむ
自由の羽根を引きちぎる
終焉を刻み込む
命が尽きる音を聴きながら

Counterpart
Lyrics Fubito Endo / Music Yasuharu Tanaka

I'm the terror raging in your head
Filling every corner of the world
Nothing left to burn

I'm the hunger that drowns you in your sleep
Pouring tons of dirty gasoline
Everything will sink finally

I'm the torture freezeing you like hell
Never forgive you till you notice
You're the one you had it all along

I'm the sole emptiness that blinds your mindscape
I'm the first and the last
I'm the best of it all

I'm the weakness in your cold remorse
Won't let you be alone

I'm your deep compassion behind the bar
What made you come this far?

I'm your companion
I've been your only friend
Try to remember what you used to be
I'm no stranger, you are me

What you see is what I see
And what you'll be
Reflections of your life
Counterpart, your appetite

How far will we go
Look in the mirror
Nobody cares
None of us knows how fragile we are

How far
We're chasing our mirage
Nobody cares
No one really understands
Until we crush the mirror

What you see is what I see
And what you'll be
Reflections of your life
Counterpart, your appetite

How far will we go
Look in the mirror
Nobody cares
None of us knows how fragile we are

How far
We're chasing our mirage
Nobody cares
No one really understands
Until the final day we crush the mirror

We are

Dark half - Reflections of your life
Dark half - The passenger inside your mind
Dark half - Reflections of your life
Dark half - The passenger inside you
I'm your counterpart

カウンターパート
作詞 遠藤フビト / 作曲 田中康治

私はお前の中で猛り狂う恐怖
焼け野原と化した
世界を埋め尽くす

私はお前を夢の中で飲み込む飢餓
汚濁した燃料が注ぎ込まれ
全てが沈んで果てる

私はお前を凍りつかせる苦悶
自分自身が望んだと気づくまで
お前を放さない

私はお前の心象風景を奪う真の虚無
私は最初であり最後
私は全ての頂点

私はお前の冷淡な悔恨に潜む虚弱
常にお前と共にいる

私は格子の中に囚われた深き憐憫
お前をここまで導いたのは何?

私はお前の同行者
生涯唯一の友
思い出せ 自分が何であったか
お前は私を知っている 私はお前

お前に見えるものは私が見るもの
お前がこれから到るもの
鏡に映ったお前の命
お前と対をなす お前の強欲

私達はどこまでゆくのか
鏡に映る己を見ろ
誰も気にも留めない
我々が本当はどれほど脆いかなど

どこまでゆく
己の蜃気楼を追いかける
誰も気にも留めない
誰にも理解できない
鏡を砕くまで

お前に見えるものは私が見るもの
お前がこれから到るもの
鏡に映ったお前の命
お前と対をなす お前の強欲

私達はどこまでゆくのか
鏡に映る己を見ろ
誰も気にも留めない
我々が本当はどれほど脆いかなど

どこまでゆく
己の蜃気楼を追いかける
誰も気にも留めない
誰にも理解できない
鏡を砕く最後の日まで

我々は

ダーク・ハーフ - 鏡に映ったお前の命
ダーク・ハーフ - 心の中の同乗者
ダーク・ハーフ - 鏡に映ったお前の命
ダーク・ハーフ - お前の中の同乗者
お前と対をなす

The Activist's Creed
Lyrics Fubito Endo / Music Akihito Kinoshita

No dream I see, no peace I receive
No grief I feel, no one here to cry for me

Choices I made, every consequence I face
My turn, let me light my fuses
Burn the sky, lord's masterplan

No hope I know, not afraid of dying alone
No breath I save, not afraid to fall from grace

Vow I take, each and every shade I chase
My turn, Tell the world
What I've learned and earned

A broken piece of what's left of me
Liberate me, and it's everlasting
Die for creed, feel the heat, I close my eyes
I feel the light far off

Gust of the wind, gust of the wind
The soul infernal
The light and the heat, blast and the scream
The bond immortal

Gust of the wind, gust of the wind
The soul infernal
The light and the heat, blast and the scream
You'll see a blast from the past

A broken piece of what's left of me
Liberate me, and it's everlasting
Die for creed, feel the heat, I close my eyes
I feel the light far off

Gust of the wind, gust of the wind
The soul infernal
The light and the heat, blast and the scream
The bond immortal

Gust of the wind, gust of the wind
The soul infernal
The light and the heat, blast and the scream
You'll see a blast from the past

Blow my lust for my life

ジ・アクティヴィスツ・クリード
作詞 遠藤フビト / 作曲 木下昭仁

夢など見ない 平和を知らない
哀しみなど感じない 私の為に泣く者もいない

自ら下した選択 やがて直面する全ての結果
私の番だ 導火線に火を点ける
この空を燃やしてみせよう 主の御心にしたがって

希望などどこにもない 一人死ぬ事も怖くない
もう言葉を飲み込んだりしない 非難を恐れはしない

自ら立てた誓い 追い求め続けた影
私の番だ 世界に知らしめよう
私が得たこの叡智と名誉を

粉々になった自分の欠片
私を永久に解放してくれる
信義に命を捧げる 熱を感じ目を閉じる
遠くに光を感じる

沸き起こる爆風 沸き起こる爆風
烈火の魂
光と熱 爆発と悲鳴
不朽の絆

沸き起こる爆風 沸き起こる爆風
烈火の魂
光と熱 爆発と悲鳴 
受け継がれし怒りの一撃を人々は知るだろう

粉々になった自分の欠片
私を永久に解放してくれる
信義に命を捧げる 熱を感じ目を閉じる
遠くに光を感じる

沸き起こる爆風 沸き起こる爆風
烈火の魂
光と熱 爆発と悲鳴
不朽の絆

沸き起こる爆風 沸き起こる爆風
烈火の魂
光と熱 爆発と悲鳴 
受け継がれし怒りの一撃を人々は知るだろう

私の生への執着を吹き飛ばしてくれ

The Moment Of Our Lives
Lyrics Takenori Shimoyama & Fubito Endo /
Music Takenori Shimoyama / Arranged Yasuharu Tanaka

The moon will rise
When the stars shine so bright
Who are they to judge us?
Every moment of our lives

I'm walking into moonlight
Fading into twilight, and lay my body down

Stretch out my arms
And reach for the stars
Enchanted, I feel you so near

I'll bury my soul, leave me, please go
My dear, we'll meet in the end

Fly, fly, all through the night
You will find, the new sun will rise

Out of my sight, out of your shell
The cold wind cries
You will fly in this winter night

And the day will come, you will see
Wake up and lean on me
After you fall into paradise

Resting your wings, you will whisper to me
We lived our lives, just you and I

ザ・モーメント・オブ・アワー・ライヴス
作詞 下山武徳・遠藤フビト / 作曲 下山武徳 / 編曲 田中康治

月が昇る
星々が輝く夜に
私達が生きた命
その一瞬一瞬を裁くのは誰?

私は月灯りの中を歩く
淡い光の中に溶けてゆく そしてこの身を横たえる

星に向かって手を伸ばす
至福と安らぎ
あなたをこんなにも近く感じる

この魂を葬ろう どうかもうおゆき
愛しい人よ 最後にまた巡り逢う時がくるだろう

さぁ飛んでおゆき この夜を越えて
いつか出会うだろう 新しく生まれた陽光に

私の視界から消えるまで
あなたを束縛する全てのものを捨てて
冷気がすすり泣くこの寒い夜を抜けるまで

そしてその時が訪れる あなたは私に気づく
目を覚まして私にそっと身を預ける
楽園に堕ちた後で

傷ついた翼を休め 私にささやく
「私達は私達らしく生きたわ。あなたと私、二人で」

Reminiscence: Path Of Light
Lyrics Fubito Endo / Music Akihito Kinoshita

When you've had enough, when you have no home
When no one seems to care, you're alone

So wide the sky, don't know where to go
And everything seems to be unfair, you're alone

One day you will find
A scarlet red flower in the night
A lotus bloom in your heart
Lift you up out of your sorrows

When you're down and out
In the cold cold ground
When no one gives you a hand, you're alone

You keep asking why, but you never deny your life
Deep down you know, you're not alone

You know you still can fight
You will meet your delight
A lotus bloom in your heart
Leads you to the path of light

Tears - No need to wipe your
Tears - I'll be there for you
Tears - Leave it there, all your tears

You will find
A scarlet red flower in the night
A lotus bloom in your heart
Under the bridge to the stars

We will meet in the end
A lotus bloom in our heart
Leads us to the path of light

Tears - Let me just wipe your
Tears - Let me live with you
Tears - Leave it here, all your tears

Tears - Let me just wipe your
Tears - Let me live with you
Tears - Leave it here, all your tears

リミニシンス:パス・オブ・ライト
作詞 遠藤フビト / 作曲 木下昭仁

独りうちのめされ 還るべき場所もない
誰も自分を気にかけてはくれない

広すぎる空 どこへ向かうべきかも分からない
全てがあまりに不公平に思える

ある日あなたは出逢う
夜に咲く緋色の華に
心に咲く蓮の華が
哀憐の淵からすくいあげてくれる

もう一歩も前に進めない
独り極寒の地に立ち尽くす
誰も助けてはくれない

自分に問い続ける でも命を諦めはしない
本当は孤独ではないと分かっているから

まだ闘えると自分で知っているはず
いつか求めていた悦びに辿りつく
心に咲く蓮の華が
あなたを光の路へと導く

涙 - 拭わないでいい
涙 - 私が迎えに行こう
涙 - そのままでいい

いつか出逢う
夜に咲く緋色の華に
心に咲く蓮の華
星へ架かる眩い橋の下で

私達もやがて巡り逢うだろう
心に咲く蓮の華が
二人を光の路へと導く

涙 - あなたの涙は私が拭おう
涙 - あなたと共に生きよう
涙 - 悲しみはここに捨てて行こう

涙 - あなたの涙は私が拭おう
涙 - あなたと共に生きよう
涙 - 悲しみはここに捨てて行こう

Push
Lyrics Fubito Endo / Music Akihito Kinoshita

Playing dead
You think yourself damn useless
So under pressure
You think your world better off ended

You put yourself inside the wall of separation
Hiding in the shadows of your imagination
Digging your own grave
Filled 'em all, and digging again

Cut off the sad chain reaction
Overcome your negative emotions
The new beginning
Generate internal revolution

Every day
You find yourself existing
Every morning
You count those scars left on your wrist

You put yourself inside the wall of separation
Hiding in the shadows of your imagination
Stop digging, you got the key of the gate
'Cause you're the warden of your prisoned soul

Push it back
Make a step, my eyes on you
I know it hurts, I feel it too
Don't let no one break your pride
Don't step aside

Just one step, you won't be the same
Don't let your life slip away, no more
Just one step, now you can do it again
You will find your way, I'll see you there

Push back - Step aside, don't
Trust, you're not the first
Push back - Step aside, don't
Yes, I do know, it hurts

Turn it upside down
You're the pilot of your force
Turn it all, all around
Say it loud "No", push it back

Make a step, my eyes on you
I know it hurts, I feel it too
Don't let no one break your pride
Don't step aside

Just one step, you won't be the same
Don't let your life slip away
Just one step, now you can do it again
You will find your way

And just one step, you won't be the same
Don't let your life slip away, no more
Just one step, now you can do it again
You will find your way, I'll see you there

Push back - Step aside, don't
Trust me, you're not the first
Push back - Step aside, don't
Yes, I do know, it hurts

Push back - Step aside, don't
Push back - Step aside, don't

プッシュ
作詞 遠藤フビト / 作曲 木下昭仁

死んだふりをして
自分は何の役にも立たないと決めつけて
重圧に耐え忍び
自分など消えてしまえばいいと思い込んで

隔離壁の中に閉じこもり
自ら創り上げた想像の影に隠れて
己の墓穴を堀り
埋め直してはまた堀る

哀しみの連鎖を断ち切れ
負の感情に打ち勝て
新しい始まり
内なる改革を生み出せ

毎日
自己存在を発見し
毎朝
手首に残された傷跡を数える

隔離壁の中に閉じこもり
自ら創り上げた想像の影に隠れて
掘る手を止めろ お前が門の鍵を持っている
心の牢獄の看守はお前自身

押し返せ
一歩踏み出せ 俺が見ている
痛いだろう 俺もその痛みを感じている
プライドは誰にも折らせるな
選んだ路なら譲るな

一歩踏み出せ それで全てが変る
すり抜ける命を逃がすな
まず一歩だけでいい 二歩目は容易い
お前は必ず路を見つける その先でお前を待つ

押し返せ 選んだ路なら譲るな
信じろ お前が最初じゃない
押し返せ 選んだ路なら譲るな
俺もその痛みを知っている

ひっくり返してやれ
力を操るのはお前自身なのだ
丸ごとひっくり返してやれ
大声で「嫌だ」と叫んで押し返せ

一歩踏み出せ 俺が見ている
痛いだろう 俺もその痛みを感じている
プライドは誰にも折らせるな
選んだ路なら譲るな

一歩踏み出せ それで全てが変る
すり抜ける命を逃がすな
まず一歩だけでいい 二歩目は容易い
お前は必ず路を見つける 

一歩踏み出せ それで全てが変る
すり抜ける命を逃がすな
まず一歩だけでいい 二歩目は容易い
お前は必ず路を見つける その先でお前を待つ

押し返せ 選んだ路なら譲るな
俺を信じろ お前が最初じゃない
押し返せ 選んだ路なら譲るな
俺もその痛みを知っている

押し返せ 選んだ路なら譲るな
押し返せ 選んだ路なら譲るな

Casualties
Lyrics Fubito Endo / Music Akihito Kinoshita

I was young, too naive
I believed all the words I've been told
Through the waves, they become my only code
Fierce heat, middle east
Burning dust and the sand

And I've done many things, maybe sins
Something I should not do
Can not lose, so I fought, did not choose
I repeat to defeat all my enemies
I believed in the shining star on my chest

All these times
All these times

Leather boots, new gear
Assigned, got to be easier
Courage, the mission can be done
Barrage, ricochet, debris, stray bullet

The reality of angry battlefield - Instant judgement
Fear - I felt the movement

Hold your fire, a body lying
A little girl with a doll in her hand

Blood was everywhere
The light died in her eyes
Blood was everywhere
The light died in her eyes

Clear - Powder and the smoke
Beat - Heart pounding like a drum
Field - Mother running in
Fear - Can't think of anything

Hold your fire, a hero for a day
A little girl with a doll lying
Hold your fire, a hero for a day
I stood and grabbed the crimson doll in my hand

Blood was everywhere
The light died in her eyes
Blood was everywhere
The light died in her eyes

Blood was everywhere
Death in her eyes
Blood was everywhere
I saw that light died in her eyes

In her eyes

カジュアリティーズ
作詞 遠藤フビト / 作曲 木下昭仁

若く無思慮だった
言われるままに信じた
無線を通じて送られる命令は絶対だった
熾烈な暑さ 中東
焼けた砂塵に覆われた世界

多くの過ちを犯した
するべきではない事をした
負けられない戦い 選択は放棄した
ひたすらに敵を打ち破る
胸に輝く勲章を信じて

あの時までずっと
あの時までずっと

軍靴 新しい兵器
配属 容易い任務
勇気 勝てるはずの戦闘
弾幕 跳弾 瓦礫 流れ弾

激しい戦場の非情な現実 - 瞬時の判断
恐怖心 - 動くものを見た

射撃中止命令 横たわる小さな人影
人形を抱いた幼い少女

一面血の海
少女の瞳の中で光が消えた
一面血の海
少女の瞳の中で光が消えた

制圧完了 - 火薬と硝煙
鼓動 - 激しく高鳴る
戦場 - 駆け寄る母親
恐怖心 - 停止する思考

もう撃たないでくれ 今日だけの英雄
人形を抱いた少女が横たわる
もう撃たないでくれ 今日だけの英雄
紅く染まった人形を手に取り立ち尽くす

一面血の海
少女の瞳の中で光が消えた
一面血の海
少女の瞳の中で光が消えた

一面血の海
少女の瞳に死を見た
一面血の海
少女の瞳の中で光が消えるのを見た

少女の瞳の中で

Endsville
Lyrics Fubito Endo / Music Yasuharu Tanaka

Far above the world you know
A city you've never heard before
Far below the sky you saw yesterday
You lost yesterday, where the evil dwells

People came, but no one ever left
Disappeared and not a single trace was found
Gone without a sound
Disregard the ones who wait for their return

I hear the thunder roaring
My head's reeling, the world is turning gray
Lightning strikes the tomb of the unknown dead
Venoms soaking, all vision reversing
Fear is creeping in

Nightfall, come change us all
A cry out of the dark, forbidden code
Getting harder to breathe
You feel somebody's watching
Don't ever answer the door

No one leaves this place, stay
Haunting desire with freezing flame
Eat you up from inside
And then starting all over again
In the depth of the night

Trees drop all their leaves
Gripping the grain, so hard the rain
Beauty of the beast, your pure instinct

Gray
Lightning strikes the tomb of the unknown dead
Venoms soaking, code must not be broken
Last good bye

Nightfall, come change us all
A cry out of the dark, forbidden code
Getting harder to breathe
You feel somebody's watching
Don't ever answer the door

No one leaves this place, stay
Haunting desire with freezing flame
Eat you up from inside
And then starting all over again
Your name will be written in the stone

Far above, far below
Never found, a city you've never heard before

エンズヴィル
作詞 遠藤フビト / 作曲 田中康治

人々が知る世界の遥か上
誰も聞いた事がない街
昨日見た空の遥か下
昨日失くした空の下 悪が棲む場所

訪れる者はいるが去る者はない
痕跡一つ残さず
皆 音もなく消える
帰還を待つ者の期待は儚く絶える

雷鳴が轟く
世界は揺らめき 色彩を失う
稲光が名もなき死者の墓を貫く
毒が染みわたる 全てが逆に廻りだす
恐怖が忍び寄る

夕暮れの刻 何もかもが姿を変える
暗闇を切り裂く悲鳴 封じられた掟
次第に息苦しくなる
誰かが見ている気がする
ドアを叩く音 応えてはいけない

ここを去る者はない
凍りつく炎をまとった欲望の虜
お前を内側から食い尽くし
何度も繰り返す
夜の深い闇の中で

木々は葉を落とす
砂粒を握り締める 降り注ぐ雨
獣が持つ美しさ 純粋なる衝動

色彩を失った世界
稲光が名もなき死者の墓を貫く
毒が染みわたる 絶対の掟
辞世の唱

夕暮れの刻 何もかもが姿を変える
暗闇を切り裂く悲鳴 封じられた掟
次第に息苦しくなる
誰かが見ている気がする
ドアを叩く音 応えてはいけない

ここを去る者はない
凍りつく炎をまとった欲望の虜
お前を内側から食い尽くし
何度も繰り返す
お前の名は石に刻まれる

遥か高く 遥か低く
誰も知らぬ 誰も聞いた事がない街

Bad Visions
Lyrics Fubito Endo / Music Akihito Kinoshita

Bad visions
Within the fallen system
You killed your senses, you lost control

The dead pigeons
In your distorted wisdom
Can hardly tell the season

Doors you opened and closed
No turning back home
Sounds in the distance

Life is all black and white
Cut you like a knife
You're reaching
The end of the line

Sad reasons
To hide your deadly symptoms
The pursuit of a ghost in the deathly snow

Your wrong decision
Caught by your own obsession
Waiting for the day that never comes

Doors you opened and closed
No turning back home
Howling in silence

Life is all black and white
Cut you like a knife
Fatal confession

The one fact in your life can't be forgiven
When will you be gone with all your memories

Need more, feed more
Master of your misery
Heed
You'll be the slave of your own

No sun is shining on you
No moon is guiding you to a better place
You saw in your dream
Doesn't feel good till it bleeds
Till you bleed

One fact in your life can't be forgiven
You'll be the only one
When will you be gone with all your memories

Need more, feed more
Master of your misery
Heed
You'll be the slave of your own

Need more, feed more
Master of your misery
Heed
You'll be the slave of your own

バッド・ヴィジョンズ
作詞 遠藤フビト / 作曲 木下昭仁

悲惨な光景
崩れ落ちる神経組織の中
感触を殺し知覚を失う

鳩の死骸
歪んだ叡智の中
季節さえも判らない

自ら開けて閉じた扉
後戻りはできない
遠く響く音

モノクロームの人生
刃の如く斬りつける
遂に着く
辿ってきた道の終わりに

哀しき理由
致死的な病症を隠して
死の雪を掻き分け亡霊を追う

誤った選択
妄想に取り憑かれて
来るはずのない夜明けを待つ

自ら開けて閉じた扉
後戻りはできない
静寂を断ち切る叫び

モノクロームの人生
刃の如く斬りつける
致命的な告解

決して許されない一つの事実
思い出を胸に去るのはいつ

際限なく求め乞う
悲痛の主
耳をすませ
お前はお前自身の虜

お前を照らす太陽はなく
夢の中で観た良き場所へ
お前を導く月もない
血を噴出すまで止められない
痛みが快感に変るまで

決して許されない一つの事実
お前は一人きり
思い出を胸に去るのはいつ

際限なく求め乞う
悲痛の主
耳をすませ
お前はお前自身の虜

際限なく求め乞う
悲痛の主
耳をすませ
お前はお前自身の虜

Hate Crime
Lyrics Fubito Endo / Music Yasuharu Tanaka

Madness escalates the mindless disarray
Endless disconnection
Who's drowning in vain?
All look the same again

Silence recreates the saddest history
Pointless discrimination
Who's judging the game? We're all the same

Eyes shut, spilling blood
Curse carved in sand
Time bomb, binding grudge
Slugs rule this land

Undetermined wave, caress the poisoned purity
The grace of indirection
Bruise growing with pain
Fortune and fame, war chest

Live each day, unless we die every day
Out on a limb, every second we waste
Who's passing away? We're all the same

Debt of toleration, weight of our sins
The burden we bear, fake ascension
Reasons we still repay

Against the evil living within us

Deep within, therein lies a clue
We descend on our prey with excuse
Only believe in words we want to believe
We seek, we seek what we want to see
From heaven to hell

After days of delusion, chains of our sins
Causes we share, dying nation
A scene of carnage

Debt of toleration, weight of our sins
The burden we bear, fake ascension
Reasons we still repay

The world we create, blood on our hands
We still repay

ヘイト・クライム
作詞 遠藤フビト / 作曲 田中康治

狂気が愚行と混乱を増幅させてゆく
無限に続く断絶
訳も分からず溺れ死んでゆくのは誰
また同じ光景

沈黙によって再構築される凄惨を極めた歴史
無意味な差別
正否を裁くのは誰 我々は皆同じなのに

閉じられた瞳 血飛沫があがる
砂に刻まれた呪詛
いつか弾け飛ぶ 肉体を絡めとる悪意
銃弾に支配された大地

不確定な波動 汚染された純粋を慈しむ
麗しき間接性
痛みを伴って肥大する傷
富と名誉と戦費

日々を生きなければ我々は毎日死を繰り返す
危険に身を晒して 今まで無駄にしてきた一瞬一瞬
通り過ぎるのは誰 我々は皆同じなのに

寛容が招いた報い この罪の重さ
背負うべき責務 みせかけの赦罪
我々が贖い続ける理由

内側に巣食う悪に抗って

内面奥深くに手掛かりがある
言い訳をしながら獲物に襲い掛かる
信じたい言葉だけを信じ
見たいと欲するものだけを探す
それがどんな結末を呼ぼうとも

まやかしの日々を越えて 縛りつける罪の鎖
共に抱いた大義 滅びゆく国
酸鼻極まる惨状

寛容が招いた報い この罪の重さ
背負うべき責務 みせかけの赦罪
我々が贖い続ける理由

我々が作り上げた世界 血に染まる掌
我々は贖い続ける

Black Fang
Lyrics Fubito Endo / Music Akihito Kinoshita

How can you live with your eyes closed?
Slaying yourself
No one will know
When did you lose your faith in your God?

What made you think I can not endure?
Not even close
I move forward
So here I come
It's time, this is war

You will remember my name
I will return, I'm back again

Don't ask me why
Don't need no reason
Don't tell me lies
Sick of your treason
This is my fate
Was born to create
All given choices
Now I found my way

Trading my time for my pride
This is the promise to keep
They make me feel so real
I'll spin my wheel
Battle unending
My devotion unwavering

I, standing still
There's pain inside
This wound tells me I'm still alive
After long years with my steel
No one's able to break me

Every word worth fighting for
Every note worth dying for
Last man standing in this field
I'm here with my black fang

Leaving a trail of my blood
This is the reason to live
No room for compromise
It's do or die
I'll take my vengeance, salvation

I, standing still
There's pain inside
This wound tells me I'm still alive
After long years with my steel
No one's able to break me

Every word worth fighting for
Every note worth dying for
Last man standing in this field
I'm here with my black fang

ブラック・ファング
作詞 遠藤フビト / 作曲 木下昭仁

目を閉じたまま生きていく事などできはしない
人知れず己を屠るようなもの
誰しもが心に持っているはずの大切な物を
人は一体何時失ってしまったのか

もう駄目だろうとたかを括っていたのなら大間違いだ
それどころか
前に進み続けている
今まさに向かっている
これは戦争だ

お前は俺の名を思い出すだろう
戻って来たのだ

訳は訊くな
理由などない
どうせ裏切るのなら
見えすいた嘘はいらない
これは運命なのだ
俺は創造するために生を受けた
数多の選択肢の中で
路を見つけた

長い時間を費やしたが
それでも誇りだけは失わなかった
この誓いだけは守らなくてはならない
これこそが人生を本物にしてくれる
進み続ける 闘いは終わらない
この信念が揺らぐ事はない

俺は立ち続ける
内側から伝わる痛みこそが
生きていると実感させてくれる
この鋼鉄の剣と共に今日まで生きてきた
もう誰も俺を打ち砕く事はできない

一語一語その全て 戦う価値がある
一音一音その全て 命を賭ける価値がる
最後の一人になろうとも
俺はここに立ち続ける 黒い牙と共に

俺の流した血の跡をみれば
言葉などいらないだろう
妥協の余地などない
やるかやられるか 俺は必ず本懐を果たす
それだけが最後に俺を救ってくれるだろう

俺は立ち続ける
内側から伝わる痛みこそが
生きていると実感させてくれる
この鋼鉄の剣と共に今日まで生きてきた
もう誰も俺を打ち砕く事はできない

一語一語その全て 戦う価値がある
一音一音その全て 命を賭ける価値がる
最後の一人になろうとも
俺はここに立ち続ける 黒い牙と共に

※EP『Hate Crime』収録曲

 

Decisive Self Liner Notes
今作の歌詞は「絶望の深淵に最後の希望を見出す」という事が根本的なテーマになっている。

持てる者が持たざる者からパンと毛布を剥ぎ取る世界。許されないはずの事がまかり通る世界。一体どこに救いがあるのだろう。しかしそれでも尚、我々は生きなければならない。辛く苦しくとも痛みと哀しみを飲み込み、命の火を燃やし続けなければならない。この時代だからこそ、SABER TIGERが、下山武徳が伝えるべき言葉を綴った。

でもこのアルバムを、安っぽい応援歌集にはしたくなかった。希望を描く為には、必然的に絶望に対峙しなくてはならない。覗き込めば、底にあるのは真の闇だ。その闇を直視し苦悶を通り過ぎた先に、漆黒の空虚に慣れた瞳がようやく捉える微かな希望の灯。アルバムを聴き終えた時にそういったものを感じていただけたなら、それ以上の幸せはない。

製作過程はあらゆる意味において熾烈を極めた。舞台裏の真相が明かされる事は永劫にないだろうが、全ては収録された12曲の中に込められている。命懸けで創られた、割れば血が噴き出して流れ落ちるような作品だ。好悪は聴く人に託す。僕は、この作品に関われた事を生涯誇りに思う。
音楽プロデューサー / 作詞家
遠藤フビト

 


Engrave / エングレイヴ


「エングレイヴ」は、物理的及び精神的に「刻み込む」「焼き付ける」といった意味を持つ言葉。もともとアルバム・タイトルとして提出してあったが、制作終盤に下山武徳より「どうしても「Messiah Complex」をアルバム・タイトルにしたい」との相談があり、それならばとオープニングSEの曲名に冠された。

前作『Decisive』の頭文字「D」は「C=ド」から数えて9番目の音。そして「Engrave」の頭文字「E」は10番目の音。本作は新生SABER TIGERとしては2枚目だか、通産ではオリジナル10作目。SABER TIGERの歴史に敬意を表したタイトルでもある。

Messiah Complex / メサイア・コンプレックス


「メサイア・コンプレックス」とは、社会的、物理的、精神的な強者である持てる者が、「人を助けている自分」を認識して初めて充足を感じ、そのため常に助けを求める者・持たざる者、つまり弱者を必要としてしまう、という相互依存的な精神状態を意味する。どんな強者も、独りでは生きてゆけない。我々は皆、強者も弱者も、持てる者も持たざる者もそれぞれに役割を担い支えあい生きている。

この言葉及びコンセプトは、かなり早い段階から用意してあった。恐らく『Decisive』のレコーディング中には、既にSABER TIGER専用のネタ帳に記録してあったはずだ。そして相応しい曲があがるまで温存していた。

冒頭の「Raise Your Flag! (お前の旗を振れ!)」という絶叫には、抗いようがない圧倒的な力や不平等に翻弄され、どれだけ打ちのめされても、己の分を果たし命絶える最後の刻まで諦めずに生きろ、その志は必ず誰かに届く、というメッセージが込められている。

Violent Ignorance / ヴァイオレント・イグノランス


「無知こそ最悪の凶器」。

この物語の主人公の魂は、絶望の果てに肉体を離れ新たな命を手に入れる。しかし転生の度同じ場所に戻り、幾度も辛酸を舐める。そして無限の苦しみの中、全ての希望を失う。彼には愛の意味するものが理解できない。愛を知らない人間は、人を愛せない。無知が故に他者を傷つけ、無知が故に自らを省みず、無知が故に己をも傷つける。

その負の輪廻から脱するには、まず人を許し、人を慈しむしかない。情けは人の為ならず。たとえ理不尽にさらされても、Pay It Forward の気持ちだけが最終的に己を救うのだ。

Counterpart / カウンターパート


「カウンターパート」とは、「対を為すもの」の意。ダーク・ハーフ。誰の心にも潜む、もう一人の自分。知識と理性でもって封じ込めた我欲。自分の醜さを直視するには苦痛が伴う。誰でも目を背けたくなる。しかし目を背け続けたその結果が、我々が創りあげたこの世界だ。なんというザマだ。

The Activist's Creed / ジ・アクティヴィスツ・クリード


「活動家の信義」。表明するまでもないが、僕はいかなる暴力行為、戦闘行為も支持しない。よって、いかなる理由があろうとも、どんなテロ行為も支持しない。しかし問題は、殆どのテロ行為が実は悪意ではなく、為す側の正義に基いて行われている、という事だ。テロリストは自らを正義と信じている。

破壊行為が行われる度、罪のない民間人が巻き添えになる。怨念の連鎖は果てしなくその強度を増す。人間の業とは、なんと深いのか。

The Moment Of Our Lives / ザ・モーメント・オブ・アワー・ライヴス


下山武徳との共作。もともとは昨年のツアーで「Reminiscence」への導入部として制作、演奏された小品。連作となる「Reminiscence: Path Of Light」のオーヴァーチュアとして収録された。

「Reminiscence」は、既に亡き人の追憶に生への希望を探すという内容だったが、「Reminiscence: Path Of Light」は逆に、先に旅立った者の目線で、生き残った人に対して、「また巡り合う日まで、あなたは人生を全うしなさい」と伝えている。

Reminiscence: Path Of Light / リミニシンス:パス・オブ・ライト


「Reminiscence」の歌詞中にある、「Flowers may bloom forever(二人植えた華は永遠に咲き続け)」と言うフレーズに登場する花=「蓮の華」が、この曲の主題になっている。

蓮は泥の中に生き、吸い上げた澱みを浄化させて花を咲かせる事で、古来より「浄化の象徴」とされている。実は蓮の表面は、触れてもわからないほどの極めて微細な凹凸で覆われており、水の分子をも完全に弾く。その為決して濡れる事がない。これは「ロータス効果」と呼ばれ現代科学の様々な分野で応用されている。

泥の中においても、蓮は美しく輝く。我々人間もそういう強さと凛々しさをもっているではないか。

Push / プッシュ


前作にはなかったタイプの楽曲で、直球ど真ん中のミディアム・ヘヴィ・ナンバー。これまでにSABER TIGERに提供した全ての歌詞の中で、もっともストレートなメッセージを込めた。音楽家人生で初めて「いじめ」をテーマに歌詞を書いたが、解説するまでもないだろう。

ちなみに。下山武徳が一番気に入っている歌詞は当然ながら「Messiah Complex」だが、木下昭仁が一番気に入ってるのはこの「Push」だそうだ。

Casualties / カジュアリティーズ


「犠牲者」の意。世界中の凡そ全ての戦場で繰り返されているであろう悲劇と、信じていた価値観が崩れ落ちる無常について謳っている。

Endsville / エンズヴィル


「エンズヴィル」という単語には様々な意味があるが、ここでは「辺境の町」といった意味。前作収録の「Cross Your Heart」路線の、ファンタジー・ホラー風味の歌詞。

日本でも、実は今でも地方の小さなコミュニティーに行けば、部外者には教えない地域のルールだったり、大げさに言えば「暗黙の掟」みたいなものが在る。

物理的に拘束されている訳ではなくても、そこから出てゆけない「密室」であるがゆえの抑圧と、それが生み出す狂気、みたいなものがテーマになっている。

Bad Visions / バッド・ヴィジョンズ


2007年夏に書かれた古い楽曲。当初のタイトルは「Dawn Of Chivalry」。太平洋戦争に散った若い少年兵の物語がテーマだった。

『Decisive』の選曲に際し、アルバムに合わないという理由で選から漏れた。今回再提出され、やはり一度選から外れたのだが、「絶対にやりたい」という木下昭仁の熱意に他のメンバーが押される形で、晴れて収録が決まった。仕上がってみれば、間違いなくこの場所にこれが必要だった、と思える曲になった。木下昭仁、恐るべし。

この曲のみ事前に歌詞を書き上げることができず、レコーディングの為に札幌入りしてからホテルで書いた。連日苦しみ抜き、収録当日の朝ようやく書きあがった。

病んだ精神は、どんな風景も悪夢に変えてしまう。これも一つの絶望を描いている。

Hate Crime / ヘイト・クライム


アルバムの予告編として先行リリースが決まっていた為、本作収録曲中一番最初に歌詞を書いた。楽曲のクオリティも非常に高く、アルバムの核の一つになるであろう事はデモ段階から判っていたので、「Messiah Complex」同様とっておきのタイトルを冠した。

ある時、シングル収録曲2曲のうちどちらをAサイドとするべきか下山武徳に相談され、タイトルと歌詞のテーマがどうなるかを訊かれた。細かい中身はまだ未定だったが、当時「M09」という作業コードで呼ばれていたこの曲のタイトルが「ヘイト・クライム」になる事を告げると、「最高。A面に決定。」と、Aサイドでの収録が即決された。

この曲は端的に言えば、自我に溺れ悪意に塗り込められる事の愚かさと醜さを謳ってる。

Black Fang / ブラック・ファング (EP『Hate Crime』収録曲)


2007年10月に書かれた古い曲。

当時のバンドは事実上活動休止状態で、木下昭仁とのやりとりの中にも色濃い苦悩が滲んでいた。そこでSABER TIGER及び、木下昭仁を鼓舞すべく、ある意味彼の人生を投影した歌詞を書いた。タイトルは勿論、木下昭仁の代名詞であるPGM製ギターのモデル名から取っている。

『Decisive』のレコーディング・セッションで録音されたが、「アルバム本編にはそぐわない」との理由で最初からボーナス扱いで収録された。
Page Top