• JAPANESE
  • ENGLISH
  • HOME
  • NEWS
  • BAND
  • DISCOGRAPHY
  • TOUR DATES
  • PHOTOS
  • MERCHANDISE
  • ORDER INFO.

東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト

この度は東北地方太平洋沖地震による被災地への救援物資輸送プロジェクトにご支持、ご賛同を頂きまして、誠にありがとうございました。
皆さんからの支援物資は無事に岩手県大槌町に届ける事が出来、被災地の皆さんにも心から喜んで頂けました。

我々は2日間の滞在で札幌に帰って来ましたが、いつもの生活がここにある事に感謝の念を抱かずにはいられません。
実際に被災地に行って、「最高の贅沢とは、なんでもない日常そのものにこそある」という事を教わりました。
今後まだしばらく生きて行くであろう自分の人生に於いて、最も大切な教えを戴いた気がしています。

被災地のあまりにも凄惨な光景、大槌町被災者の方々の涙と笑顔、自衛隊員の皆さんの優しさ、炊き出しのおにぎりの温かさ…
一生忘れません。
そしてそれは独りでは絶対に実現出来ませんでした。
サーベルタイガーの所属事務所であるフューチャーメディアエンターテイメントをはじめ、地元岩手県の方々、東京から駆けつけた大槌町出身のご家族、大槌町の方々、自衛隊の皆さん、仕分け作業を買って出て下さった皆さん、積み込み作業に集まって下さった皆さん、そして、貴重な物資を提供して下さった数百名の皆さん、この大勢の皆さんの心の繋がりが今回の支援物資輸送の実現・成功に結びついたのです。
独りでは何も出来ないけど、人と繋がる事によって大きな力となって動き出せるのです。

「やりたくても出来ない」では無く、「やろうと思う」かどうかが全てです。
「自分もやろう」「自分もやりたい」そう思った瞬間から人は繋がれる。
心を一つに出来るんです。

「成功」の反対語は「何もしない」です。
今回のこのプロジェクトの成功は数百名の人々が心を一つにした事で成し遂げられました。
「自分も何かしたい」という人間達が集まり、繋がり、その心が被災地に届きました。
その事に一番感動しています。

皆さんの善意の心によって、今回の支援プロジェクトは成功しました。
たった一度ですが、物資が行き届いていない被災地に我々の心を直接届ける事が出来、この計画に参加したみんなが達成感を抱きました。
そして我々は日常に戻ります。
しかし、被災地の方々が味わった地獄はまだまだ続くのです。
力無き我々が行うべき本当の支援とは、たった一度の物資提供だけでは無く、被災者の方々に「想いを馳せ続ける」という事ではないでしょうか?
何不自由無く日常を送れている事への感謝の気持ちを忘れず、当たり前に生活している自分を戒める気持ちを持ち続ける事で、他人を思いやる心を維持出来るのだと感じます。
それが本当の意味での支援であり、そしてその支援は一生続くのです。

今回の事で我々は本当に大きなものを学びました。
この眼に焼き付け、肌で感じた様々な事を自分の人生の教訓として刻みます。

皆さんと共に心を一つにした事、生涯忘れません。
本当にありがとうございました…
下山武徳

 

 

東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト
東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト
東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト
東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト
東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト

東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト
東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト
東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト
東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト
東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト

東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト
東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト
東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト
東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト
東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト

東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト
東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト
東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト
東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト
東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト

東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト
東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト
東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト
東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト
東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト

東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト
東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト
東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト
東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト
東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト

東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト
東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト
東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト
東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト
東北地方太平洋沖地震救援物資プロジェクト

 

  • 3月24日の17時で受付は全て終了致しました。以後の受付はできません。
  • 3月24日の17時以降にお持ち頂いても、お持ち帰り頂く事になりますのでご注意下さい。
  • 3月24日の17時以降に郵送で届いた荷物は全て破棄致します。
  • 時間外に事務所のシャッターの前に無断で荷物を置いて行かれる方がいらっしゃいましたが、この様な行為は近隣にご迷惑がかかりますので遠慮願います。
Page Top